進化する AIカメラソリューション

日常生活からビジネスの現場において、AIは身近な存在になってきました。今や防犯カメラ業界でもAI技術が幅広く活用されています。この記事では、AIカメラソリューションの機能と活用方法についてご説明します。

進化するAIカメラソリューション

AIを簡単に言うと?

最近AIという言葉をよく耳にするようになりました。なんとなく意味は分かるけど、詳しく説明できる方は少ないと思います。AIとは人工知能(Artificial Intelligence)のことですが、専門家によって定義が異なるため、厳密な定義がないのも理由の1つかと思います。ざっくり言えば『人工的に作られた、知能を有するソフトウェア』というような認識になります。

AIカメラソリューション カメラシステムのAI機能をご紹介

顔認証機能

スマホではよく知られていますが、防犯カメラにも顔認証機能を搭載した機種があります。登録している人物を認識するとアラームやメールで知らせることができます。

AI顔認証システム

活用のアイディアとしては、店舗やホテル、企業の受付などであらかじめVIP顧客の顔を登録しておき、該当するお客様がいらっしゃった時に社員やスタッフに周知するシステムです。お客様が来店された際に気づかない事態を未然に防ぐことができたり、名前等をモニターに表示させることができます。そのため、初見のスタッフでも顧客の名前を呼ぶことができる、お出迎えシステムとして活用できます。

一方、お出迎えとは反対に要注意人物を登録する事もできます。オートロックと連動させることにより、自動でドアのオープンクローズの管理や、入室した人物のレポートを出力することが可能です。

AI顔認証の入退室管理

ピープルカウント機能

撮影範囲内に境界線を設けて、境界線を行き来する人物の人数をカウントする機能です。使い方の例は、入場制限があるイベント会場などで設定した人数に近づくと、あと何人入れるかをお客様にモニターでお知らせすることができます。入り口前に置いたモニターに黄色信号、赤信号とわかりやすく通知することできるので、入場できるか、あと少し待つかなど、列に並ぶお客様自身が判断できます。入口、出口が数か所ある場合でも設定できることは、現場でとても役だちそうです。

AIカメラソリューション ピープルカウント機能

ヒートマップ機能

人が同じ場所にどのくらい留まっているのか、同じ人物が一定の場所から動かずにいる時間を測定できます。店舗内の特設売り場や特売コーナーに留まる時間や、店内の人の動きの流れを測ることができるのでマーケティングデータとして活用できます。

動体検知機能 人・車・その他の区別

人や車、それ以外の動いたものを区別をすることが可能な機能です。機能の活用例としては、撮影範囲内に人と車の境界線を作ります。人物が人の進入禁止区域に侵入した場合、車が車両進入禁止区域に侵入した場合にそれぞれアラームを鳴らすこができます。工事現場、医療現場など立ち入ると危険な場所での事故を未然に防いだり、情報管理室など立ち入りが禁止されている場所での活用が期待できそうです。

Aiカメラソリューション 動体検知機能

転倒検知機能

人物が転倒した際に、倒れた状態を検知してアラームやメールで関係者に知らせる機能です。例えば、介護施設で利用者や患者の方が転倒した瞬間、即スタッフのスマートフォンに転倒している映像が通知されます。施設内の目が行き届かない場所でお年寄りが倒れていることをすぐに発見できて、 その場に駆け付けることができます 。また、工場内で1人で作業をしている現場では、作業員が倒れた時なども早急な対応ができます。重要な人命救助に役立ちます。

AIカメラソリューション 転倒検知カメラ

AIカメラソリューションのまとめ

AI機能は日々進化しています。防犯カメラに搭載されたAI機能は、防犯だけではなく業務の効率化やマーケティングに活かされ、より活用の幅が広がってきました。AIの未来は、これからも進化し続けるでしょう。新し活用方法は、ちょっとしたアイディアから生まれるかもしれません。これもしかして使えるかも?というアイディアがありましたら、ぜひAIカメラソリューションについて、防犯カメラの専門会社へお問合せをされてはいかがですか?素晴らしいソリューションが生まれるかもしれません!