.
防犯カメラ、ネットワーク構築ならおまかせ下さい
TOP製品情報 > 防犯カメラ

防犯カメラ


現代の防犯カメラシステムは、大きく4種類に分けることが出来ます。


ご利用場所によって、最適なカメラの選定を行うことが重要です。

・増設を考えているが、録画機に空きが無い。
・遠隔操作できるカメラが必要になったが、システムに組み込めない。
・もっと鮮明な証拠映像が必要になったが、現在のシステムでは対応していない。

適材適所、防犯設備士が豊富な設置経験をもとに、自信を持ってアドバイスいたします。



以下の4種類から、詳細をご覧ください。 ↓click!! 


録画解像度の違い

図

HD-SDI フルハイビジョンカメラ

210万画素

210万画素を採用した最高水準の解像度です。

※メガピクセルレンズや、フルハイビジョン1080p(1920×1080)対応のモニターが必要です。

フルハイビジョン 解像度

 

AHD アナログハイビジョンカメラ

130万画素

130万画素メガピクセル品質のアナログHD(ハイビジョン)カメラが登場し、相応の映像品質(1280×720)にて録画が可能です。

アナログハイビジョン 解像度

 

アナログカメラ

52万画素

52万画素アナログカメラでは最高品質で従来からの利用者は圧倒的に多い。

アナログ 解像度

製品情報

      

0120-917-350
フォームでのお問合せはこちら