現場の証拠を捉える、動く防犯カメラ

元刑事 シニア防犯アドバイザーの防犯コラム

元刑事 シニア防犯アドバイザーのマモルです。今回は、「動く防犯カメラ」と言われている、車両に搭載するドライブレコーダーについてお話します。

動く防犯カメラ ドライブレコーダー

事故現場の証拠を捉える動く防犯カメラ

今やドライブレコーダーの普及率は50パーセントを超えると言われており、主に交通事故の証拠として活用されています。ドライブレコーダーの本来の目的は搭載された車の交通事故、違反などの時のための証拠を残すためですが、他にも「動く防犯カメラ」として利用されることがあります。

大きな事件があると警察は車両の検問などが実施していますが、その際にドライブレコーダーが搭載されているか否か確認されることがあります。

これは、事件に関係する何かがある場合、付近を通過した車両のドライブレコーダーに証拠が残されていないか、確認のため捜査機関が協力を求めるためです。また、市町村の公用車、タクシー、バスなどは捜査機関と規定を設け、協力体制をとっているところもあり、事件解決に役立っているようです。

このように、ドライブレコーダーは交通事故などの他にも、活用されている実態があります。自身の防衛のために「動く防犯カメラ」の搭載をお勧めします。

平内マモル(ハンドルネーム)

元刑事課の警部補として犯罪と対峙する現場で様々な事件捜査の指揮を行い29年間警察署内で活躍。
現在、シニア防犯アドバイザーとして株式会社アイピー総研に在籍中。犯罪・防犯に対する豊富な専門知識と経験を元に真の安心、安全をご提案いたします。
経歴
8年間地域警察に従事した後、21年間刑事課の警部補を歴任
主な実績
本部長表彰 所属長表彰
平成27年度 優良警察職員表彰受賞
令和2年度 優秀警察職員表彰受賞

座右の銘 沈着果断

元刑事シニア防犯アドバイザー平内マモル

関連記事はこちら
ゴミの持ち去りは違反行為です!
子どもの虐待サインに気が付いて! 泣き声通報
コインランドリーで盗難被害に遭わないためには?
エレベータ内の防犯カメラの必要性
防犯カメラ映像が 手交型オレオレ詐欺の犯人をキャッチ
割引シールの貼り替えは詐欺罪?
ストーカーから身を守る
被害に気付かない夏の犯罪 覗き
子どもの捜索 重要ポイントは服の色!
【泥棒が嫌がる家の特徴】外周りが整理整頓された家!
インターフォンの録画機能で防犯対策!
警察官歴8年、刑事歴21年のシニア 防犯アドバイザーが情報発信!