千葉県介護施設の死角に防犯カメラを設置

本日は、以前に設置させていただいたお客さまから介護施設を経営されている方をご紹介していただきました。
こちらの施設では1階のナースステーションで、各階の通路を確認出来るようにしたいという要望がありました。

こちらの施設は土地の関係で少し変わった造りになっており、各階に従業員が居ても死角で見えない場所があり、そこでもし入居者さまが転倒されていても分からないといった状況になる為、早急な対策が検討されておりました。
そこで今回は、広角で撮影の出来るウェッジ型の防犯カメラを選定。
なんと角度はフルHD表示で115°まで撮影することが出来るのです。

ウェッジ型カメラ
録画機とモニターはナースステーションに設置し、スタッフがいつでも確認出来るような場所にモニターを設置しています。

今回は受付前のカメラも合わせて4台のカメラを設置させていただきました。
なので、録画機は4台接続出来るモデルを選定しています。

死角になってしまう場所にカメラを設置することで、有事の際、早急な対応が可能となり、さらには質の良いサービスの提供にも繋がってきますね。