コンテナ置き場 事前の防犯対策

大阪府 コンテナ置き場

事業内容:コンテナの一時保管

導入システム:屋外監視システム ナンバープレート監視

【課題解決のポイント】

  • 盗難や紛失等のが起こってからでは遅いので、事前に対策をしておきたい
  • ナンバープレートをはっきり確認したい

【導入のきっかけ】

船から荷揚げされたものを、お客様のところへ配送するまでの間に、一旦コンテナ置き場に保管されます。

その際に、お預かりした荷物が盗難に遭ってしまってはいけない、ということで、事前に防犯対策を強化しておこうとのことで弊社までご連絡いただきました。

【ナンバープレートの確認ができたら】

「盗難被害に遭うとすれば、犯人はトラックで来るはずなので、車のナンバーもハッキリ映るものが欲しい」とのご要望でした。

しかし、コンテナ置場の敷地は横に長くカメラを設置出来る場所も端に1箇所しかありません。

そこで、フルハイビジョンタイプ(200万画素)タイプのカメラを使用、レンズを望遠タイプのものと通常タイプのものを、両方使用する事で、車のナンバーをハッキリと映すご要望にもお応えでき、かつ設置箇所の問題点もカバーしました。

【アナログからハイビジョンへ】

ハイビジョンタイプのカメラですと、従来のアナログ(41万画素)タイプでは映すことの出来なかったナンバープレートまで、はっきりと映し出す事が出来ます。

お客様には、「ナンバープレートの文字もはっきり読める!!」と大変ご満足いただきました。

【まとめ】

当初はお客様のお知り合いの電気屋さんにお願いされたようです。しかし、ご相談されたところ、お客様のご要望に添えるカメラは提供できないと言われたようです。そして当社までお問合せいただきました。

防犯カメラに関してお困りの方は、是非とも防犯カメラのプロである当社へご一報ください。
お客様のご希望に合ったご提案をさせていただきます!