埼玉県のマンションにカメラで防犯アピール

今回は、マンションのオーナー様からエレベーター内にカメラを設置したいと問合せをいただき対応させていただきました。

現地のエレベーターには既にエレベーター会社が設置したカメラがありましたが、このカメラはエレベーター会社が管理をしているようで、自由に映像の閲覧などが出来ず、独立したシステムとなっていました。
そこで、オーナー様ご自身で管理ができて、必要なときに映像の見返しが出来るよう弊社にて新にカメラを設置させていただきました。

そして、こちらのエレベーターはカゴ内の様子が見れないタイプとなっておりました。
基本的に中が見れないタイプに関しては、外に中の様子が見れるようモニターを外に設置するのが防犯モデルマンションでは必須となっております。
その為、モニターをエレベーターの外に設置をさせていただきました。

これで中に誰が乗っているのかなどが分かるようになり、女性にはとても喜んでいただけました。
もし、相乗りで痴漢行為をされていたとしても、1階のモニターで映像が表示されていますので、他の方が警察に通報するなど色々な対策をとることが出来ます。

エレベーターの中は完全な密室となりますので、カゴの中が分からないタイプのエレベーターには外付けモニターは必須ですね。