神奈川県の駐車場に吸上げ録画システムを導入

今回は倉庫密集地域の駐車場に防犯カメラの新規設置を行ってきました。
こちらの駐車場、貸している倉庫の使用人が勝手に駐車場を占拠したり、盗難被害が多く発生していたようです。

そこで、誰が駐車場に勝手に停めているのか、そして盗難対策に防犯カメラの設置を検討されていました。
そして、オーナー様の希望としては「出来るだけ現地に録画機を設置したくない」ということでした。
現地を見て思いましたが、ここに録画機は設置したくないと私も思いました。

その為、ご提案としては、現地にネットワークカメラを設置し、オーナー様宅に録画機を置き、インターネットを通しての吸上げ録画システムです。

1台は上下左右に動かせるPTZカメラ
もう1台は固定のカメラを設置

電気も新しく引っ張る必要がありましたので、電気申請も行っております。
※貸している倉庫さんから電源をいただく訳にはいかなかったもので…

最後はオーナー様の自宅に録画機を設置し、吸上げ録画設定を行うことによって、映像を自宅で閲覧することが可能となりました。
現地に録画機が無い為、壊される心配はありません。
ただ、吸上げ録画の場合、現地はアップロード領域・自宅ではダウンロード領域を常時使用することになりますので、運用していく中で調整は必須となります。
ネットワーク関係はとても難しいので、防犯設備士としっかりと事前打合せすることがとても大事です。