茨城県の個人宅にHDカメラを設置

今回は、個人宅の方からお問合せをいただき、防犯カメラ設置のご相談に伺いました。

こちらでは、以前から車付近へのイタズラが多かったようで、近隣住人とのトラブルも心配されていた為、ご自宅の外周にカメラを設置することで話を進めていきました。
ご自宅は設計段階からこだわって建てられたようで、配線や配管に関しては、施主様と一緒に細かく確認をしていきました。

カメラ設置写真

カメラはクロスで設置し、配線に関しては、天井裏に収納し配線は飛び出さないよう処理をさせていただきました。

録画機までの配線も全て隠蔽し、壁から配線を出させていただきました。
これも、天井裏に人が入れて配線を引っ張るスペースがあったからこそですね。

実際の映像と拡大映像

今回は、HDカメラ(100万画素)を導入させていただき、実際に拡大したときどのような映像になるのかやってみました。
①の右上に私が立っています。カメラから約20m先ですね。
②の映像は私を拡大させた映像です。
顔の詳細までは潰れて見えませんが、人が立って、袖を捲っているのもしっかり分かりますね。

これが100万画素の映像です。
これにはお客様も大変驚きになり、喜んでいただけました。
設置場所に適した機器を設置すれば、100万画素のカメラでも十分に目的に合った映像を残すことができるのです。