防犯カメラ クラウド録画ってほんとうにいいの?

防犯カメラの設置を検討しているけど、「録画機を置きたくない」「初期投資を抑えたい」「スマホやPCで映像を確認したい」とお考えの方も多いと思います。 そこで、今回はクラウド録画についてご説明したいと思います。

そもそもクラウドって何?

「クラウドってよく聞くし、なんとなくは分かるけど、結局どういう意味なの?」 「はずかしくて周りには聞けないし・・・」 なんて思っている方も多いかと思います。 クラウドとは、ユーザーがインフラやソフトウェアを持たなくても、インターネット上で必要な時にサービスを利用できる仕組みの事です。クラウドには様々な種類がありますがここでは割愛します。 簡単に言えば、クラウド録画とは『クラウド(インターネット)上に録画データを保存することが出来る』というシステムになります。

クラウド録画のメリットデメリット

「なんだかよくわからないけど、クラウド録画って便利なんじゃないの?」とお思いの方は多いと思います。便利な事にもメリットデメリットはあります。

メリット

盗難などの心配がない

現地にレコーダーを置かない為、せっかく録画したデータを録画機ごと持っていかれる心配はありません。

初期費用が抑えられる

通常であれば、録画データを貯めておくレコーダーの設置が必要になりますが、クラウド上に保存する為、レコーダーを購入の必要が無く初期費用を抑えられます。

価格の選定が出来る

各社、録画日数によってプランを決めていらっしゃるので予算や必要日数によって価格を決めることが可能です。


デメリット

インターネットの不具合

インターネットを利用し、録画データを貯めるためインターネットに不具合が生じると録画が出来なくなります。

トータルコストが高くなる

ランニングコストがかかる為、長期利用になればレコーダーを設置するよりもトータルコストが高くなります。

情報漏洩のリスクが高くなる

インターネット回線を利用し、録画データを保存する為情報漏洩のリスクは出てきてしまいます。
少しでも可能性をなくしたい方は、インターネットへの接続をせず現地にレコーダーを設置されることで防げます。

クラウド録画についてまとめ

クラウド録画でなければ、スマホやタブレット、PCからの閲覧ができないのでは?と思われるかもしれませんが、現地にレコーダーを設置するローカル録画の場合もインターネット環境に接続すれば閲覧可能です。

参考記事→カメラ映像をスマホで見たい

カメラの導入をご検討の際は、防犯対策相談室Lagoへぜひご相談ください。お客様のご利用用途に合わせたご提案をいたします。お気軽にお問い合わせください。