屋外カメラ設置保守対応サービス

現地調査を行い、保守メンテナンスの対応をしました

モニター映像が固まって動かないというお客様に現地調査を行い、保守メンテナンスの対応をいたしました。
原因は連日の猛暑によるハードディスクの故障。
過去の映像を検索すると、録画されている映像がフリーズしていることがわかりました。

お客様:東京都内工場
機種:屋外用防犯カメラ

症状は、建物入口に設置した防犯カメラのモニター映像が固まってしまい、再生されないそうです。

調査の様子

建物入口上部に設置された防犯カメラ
モニターの映像が再生されず、停止しています

ハードディスクに問題があると仮説をたて、ケースからHDDを取り外します。すると、レコーダーが止まることなく、正常に稼働しました。
調査の結果、ハードディスクレコーダーがクラッシュしたため、PCのように動きが鈍くなっていたことが原因と判明しました。

不具合の対応策

対応策は、ハードディスクの交換です

今年の夏は連日の猛暑の影響でハードディスクレコーダーが熱を持ち、機器のトラブルにつながるケースが増えています。
できることならサーバー機と同様に、高温になりすぎない環境下で管理することがの理想的です。
ハードディスクの不具合でお困りのお客様がいらっしゃいましたら、暑さが原因かもしれません。
どうぞ、お気軽にお問合せください。